手抜きなく嘘のない仕事が身上です

吉田工務所は、棟梁である吉田進一が自ら木材を吟味して買い付け、丁寧に墨付け・手刻みを行い
手抜きや嘘のない家づくりをしてまいりました。
プレカットが主流となった今でもそのスタイルを変えないのは、木材と対話をしながらイメージを
膨らませ、家のどこに配置すればベストなのか?と考えて、適材適所を見極めているからです。
また、オーダーメイドの手づくり階段やシューズクロゼット・本棚など、細部にわたってお客様の
ご要望にお応えするなど、全てにおいて妥協しない家づくりを目指しております。

家づくりにおいて最も大切なこと。
それは、「腕のいい大工で建てる」ということ。

私は常々、私が引退したりこの世を去った後、私が手掛けた家をどこかの大工がリフォームした時に
「この家を建てた大工は、間違いのない良い仕事をしていたな」と、思われる仕事がしたいと思っています。
何故かと申しますと、私たち職人は、仕事ぶりを見ればその職人の技量がわかりますので
若い大工であれば、私の技術を見て盗めるところがあれば、自分のものにして欲しいという
気持ちもありますし、職人として、同じ道を歩く職人に尊敬されるような仕事ぶりでなければ
お客様のご期待に応えることなど、到底できないだろうと思っているからです。

大変残念なことですが、家づくりにいくら大金をかけたところで、家の良し悪しは携わる職人の
技量次第で決まってしまいます。
高い技術力で丁寧につくられた家でないと、後々多くの問題も生じてくるでしょう。
リフォームにお伺いした際、その家を建てた大工の技量も見させていただく訳ですが
「感心できるような仕事ぶり」を見せていただけたというのは、残念ながらほんの数軒です。

長い間、ご家族を守り生活を共にする家だからこそ、高い技術と手間をかけた良い家に
お住いいただき、しあわせにお暮しいただきたい。
吉田工務所の切なる願いです。

吉田工務所のアベンジャーズ

家づくりには、たくさんの職人たちが携わっています。
吉田工務所には、水道設備・電気・左官・内装といった、家づくりには不可欠な
職人たちの精鋭部隊があります。
彼らも、己の仕事に誇りと情熱をもって臨んでおり、高い技術力を備えた優れた職人たちです。
大工をはじめ、職人一人一人が丁寧に真心を込めてつくっていくからこそ、職人たちの
熱い想いがこもった良い家になるのです 。

吉田工務所は、これからも皆様にご愛顧いただけるよう、一つ一つの作業に情熱を持って取り組み
柔軟な発想と細部まで決して妥協しない真面目な家づくりをしてまいります。