築120年古民家リフォーム・56

土間リビングの天井づくり

土間リビングの天井を作っていきます。

見事な丸太を生かすように造作したいと思います!

天井の高さを決めた後、レベル機器を使って水平を測量していきます。

次に、丸太に羽目板が入るように溝を掘っていきます。

羽目板も木材ですので、湿度によって多少伸びたり縮んだりします。

この溝によって羽目板の伸び縮みは助けられますので

湿度の変化にも対応でき、不具合が生じることはありません。

日本という四季のある国で木造住宅を建てる場合、木の特性を理解した上で

適切な施工ができる大工に依頼したほうが、後々までご満足いただけるのではないかと思います。

家とは長~いお付き合いになるわけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です