築120年古民家リフォーム㊾

ダイニング構築~片引き戸

ダイニングと玄関の間仕切りには、引き違い戸が2つあったのですが

施主様のご希望により、片引き戸を2つ付けることになりました。

既存の敷居を外していくと、南側の玄関框も白蟻の影響で中身が無くなっています。

新規土台を入れたところにヒノキ柱を立てて、間柱~片引き戸の枠を入れ込んで

羽目板を張り出します。

K様邸の扉は、建具を上吊戸式にして軽く開閉出来るようにしています。

敷居にゴミが詰まることもなく、お掃除も楽になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です