築120年古民家リフォーム㊼

天井構築~120年前の丸太簗を活かして

出来上がった床を傷つけないように養生板を張り

次は天井構築に取り掛かります。

K様邸のシンボル的な丸太梁が映えるような天井にしていきます。

まず、丸太に高さを揃えて、さわらの羽目板を溝突きで

丸太に掘り込みます。

溝上に天井の下地を組み上げ、断熱材を留めていきます。

さわらの羽目板と磨かれた丸太梁のコントラストが

とても美しく、古民家の良さを引き出した天井となりました。

現在と120年前のコラボレーションですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です