築120年古民家リフォーム㊲

トイレと脱衣場の床を無垢材を使って

外部では浄化槽から下水道に切り替えの為、新たに配管工事が行なわれました。

私の方は、トイレと脱衣場の床を作っていきます。

まずは、床の下地を作り床断熱材を敷き詰めます。

床下地ができあがったら、上から無垢材の床板を張って終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です