築120年古民家リフォーム㉚

瓦葺き作業と大工仕事

瓦葺き作業の方は、北面を終えて南面のケラバに差し掛かっています。

瓦職人の親方と息子さんの最強タッグで、丁寧に作業が進められています!

私の方は、刻んだ材料を持ってきて北面の下屋根の骨組みです。

一度、ヒノキの柱を立ててレベルを出してから上のホゾを作ると桁や梁の天端が平らになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です