築120年古民家リフォーム㉙

土台設置

加工した土台を設置していきます。

まずは、打ち込みした基礎の上端に通りとなる墨を付けていきます。

次に、その墨を基準にアンカーボルトの印を付けて

ドリルを使って穴を空けていきます。

そして、土台を設置してボルトを固定したら

真っ直ぐに入っているか通りを確認して、作業を終えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です