築120年古民家リフォーム㉘

墨付け・加工

基礎の養生をしている間に、土台や桁(けた)柱を

墨付け〜加工していきます。

土台は防虫剤入りの材料です。

桁や梁には、強度の高い米松の乾燥材を使います。

柱、間柱には、いつものようにヒノキの乾燥材を使います。

加工したヒノキ材の赤い節は、いつ見ても美しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です