築120年古民家リフォーム・番外編

愛用の電動道具(丸ノコ)

大工は様々な道具を使いますが、今回は私が使っている

丸ノコの一部を紹介します。

この緑色のスライド丸ノコは、吉田工務所の創業時に購入したもので

20数年経過した今でも、オーバーホールしていただきながら

大事に使用しているものです。

現在はちょっとした加工にだけ使っていて、今回は面戸や

木小舞などの小物材料の加工に使用しました。

↑こちらは、最新のレーザー・昭明付きのスライド丸ノコです。

この丸ノコは、刃の大きさの違うものを4台保有しています。

主に、精度が必要と思われる時に使用しています。

今回は、広小舞や登りに使用しました。


早朝から日暮れまで、現場に心血を注いでいた若かりし日々。

どこで何をしていても、現場の事が頭から離れることはありませんでした。

悩みや葛藤は、施主様の笑顔に変える。

これを念頭に置き、最善を目指してただひたすらに仕事をしてきました。

私にとって道具とは、そんな若い日々を共に闘い今も側で支えてくれる

いわば、戦友のようなものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です