築120年古民家リフォーム⑱

南面上屋根の木工事完了です!

いよいよ、南面上屋根の木工事も終わりに近づいてきました。

今回も防虫剤入の溝付き瓦桟を使用して、丁寧にビスで留めていきます。

屋根の長さが16M近くもありますので、糸を張り墨出しで各所に印を付けながら

真っ直ぐで等間隔になるよう、確認しながら瓦桟を取り付けていきます。

南面上屋根の作業が終わりましたので、ここから先は瓦職人さんに

バトンタッチになります。

早速瓦職人さんに現場に来てもらい、割り込みを見てもらいました。

今回も、屋根が美しく仕上がるような下地が作れたと思います。

きっと、瓦屋さんも気持ちよく仕事をしてくれることでしょう。

出来上がりが楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です