築120年古民家リフォーム⑭

母屋に磨き丸太を取り付ける

上屋根の広い北面も、大分野地板が張られてきたところで

さて、いよいよ東北面の母屋に磨き丸太を取り付ける作業です。

丸太は角材と同じ様に墨付けをして、同じ様に高さを

確認してから取り付けます。

こうすることで、垂木の通りも真っ直ぐになるので

これから作業する瓦屋さんにも、きっと喜ばれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です