築120年古民家リフォーム⑬

見えない所にも、大工の工夫が

各母屋をレベル測定器で測定した後、垂木掛けに

ビスを打ち付けて、しっかりと留めていきます。

経年により、元の母屋は高さこそズレてしまっていますが

室内側は、まだしっかりしていました。

上から杉の野地板を張っていきます。

この野地板は、反りが出にくいように

木裏を上に向けて張っています。

一見地味なことのようですが、腕の良い大工は必ず

様々な工夫をして、長持ちする建物を作っています。

屋根の面積が広いので、少しずつ少しずつ

慌てず丁寧に仕事をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です