築120年古民家リフォーム⑦

屋根の野地板~垂木を解体していきます

磨き丸太の加工が済んだところで、屋根の野地板〜タルキを解体していきます。

泥が落ちていることもあり、結構掃除も大変です。
昔は養蚕をなさっていたとの事で、天井の上には所々棚板が作ってありました。
ちょうど足場になりますので、作業をする上でとても助かります。

壊しては掃除をする。そして、また壊して掃除をする。
繰り返しながら、作業を進めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です