築120年古民家リフォーム①

築120年の古民家再生はじめます!

吉見町のK様邸

この度、吉見町にあるK様邸の屋根張替えと内部リフォーム工事を
承ることになりました。
こちらのK様邸は、明治28年に建築された建物だそうで
築120年になるとのことです。

吉田工務所では、約12年前にも築60年経過した古民家の
リフォーム工事を手掛けさせていただきました。
その経験を踏まえつつ、今回も唯一無二な家づくりを目指します。

現場を拝見したところ、しっかりした創りで骨組みは大丈夫そうですが
築年数の長さによる経年劣化は否めず、屋根周りは朽ちてきています。

明治時代を生きた一人の大工が残した、確かな技と工夫の痕跡。
同じ大工を生業としている私にとっては、大変感慨深いものがあります。
私も、100年後どこかの大工に少しでも感心してもらえるように
己の技術を駆使して、精一杯の仕事をしようと思います。

これから、築120年古民家のリフォーム工事が始まります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です