ガレージ兼事務所の新築工事⑱

天井断熱材と窓枠制作

今回は、配線の終った天井の作業と窓枠制作の様子です。

まず天井に100mm厚の断熱材を敷きます。
所々動かないようにタッカーにて留めながらの作業です。

次に、耐火ボードを張って行きます。
天井の点検口もホワイトの物を取り付けます。
ワンフロアーですので、難なく午前中で終えることができました。

午後からは、窓枠を取り付けます。
各寸法に切った窓枠材を、タッカー→下穴ドリル→ビスと
留めていき、四方に組みます。
窓にハメ込み専用ビスを留めた後に、レベルで水平と
垂直を見て固定させて終了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です