ガレージ兼事務所の新築工事⑤

コスパに優れた家づくりを目指して

ヒノキ柱のストックが少なくなってきましたので、埼玉県にある
大里木材市場に出向き、上質なヒノキ柱60本を買い付けてきました。

昔と違って、現場で直接買い付けをする大工さんも少なくなったようですが
私は今でも、新築工事やリフォーム工事の前には必ず木材市場に出向き
木材の一本一本を自分の目で確かめ、吟味したうえで購入しています。

約1時間近くトラックを飛ばして自ら買い付けに行くのには、大きな理由があります。
それは、今風にいうところの「コストパフォーマンスに優れた家」を、施主さまに
提供したいからなのです。

木材は自然素材ゆえに、反りや曲がりが出る場合も多いのですが
自ら吟味すれば、良質な木材のみを選んで購入することができます。
また、木材を選びながらイマジネーションを働かせ、適材適所を
見極めていきますので、作業場に戻ってからの作業効率も上がります。

また、自ら運搬・搬入までこなすことで、運賃や手数料が抑えられますので
その分、施主さまに還元させていただける部分も大きくなります。
私が小さな努力を重ねることで、施主さまやご家族さまの笑顔が少しでも
多く見られたら・・・こんなに嬉しいことはありません。

私は常々、施主さまの満足度=コストパフォーマンスの高さではないかと考えています。

■大金を支払った割に、完成後の満足度が低い→「コスパが悪い・低い」
■想像より安価に施工できたうえ、完成後の満足度が高い→「コスパが良い・高い」

吉田工務所の考える「コストパフォーマンスに優れた家づくり」は
木材選びの段階で既に始まっています。

施主さまにご満足いただけるよう、これからもコスト削減に努力を惜しまず
施主さまの思い描く理想の建物を、実現化していきたいと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です