屋根リフォーム ガルバリウム重ね葺き工事⑦

残すは、下屋根工事のみとなりました

本谷材が入荷しましたので、残りの下屋根にもガルバリウム鋼板を重ね葺きしていきます。

まずは、下地となるゴムアスファルトルーフィング材を、丁寧に留めながら張って行きます。
そして、本谷~際谷と役物板金材を加工しながら、ガルバリウム鋼板を平葺きに葺いていきます。

谷にかかる入隅の取り回しはなかなか手間がかかりますが、養生テープを施しながら
「ツカミ」と呼ばれる板金道具を使い、丁寧に本谷に掛けていきます。

次回の作業にて、屋根リフォームの全行程が終了となる予定です。
屋根リフォームの中では、この重ね葺き工事が最も安価で
最も短時間で出来る工事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です