屋根リフォーム ガルバリウム重ね葺き工事②

カバー工法による重ね葺きの下準備

はじめに、道具類を入れたBOXをアンテナ支柱に結び付け、落下防止に備えて作業スタートです。
コロニアル屋根についている棟板金と貫材を、それぞれ丁寧に外していきます。
足元に細心の注意を払うよう見習い君に声をかけながら、慎重かつ迅速に作業を進めます。

見習い君にとっては、まだまだ不慣れな2階屋根での作業ですが、私の心配をよそに
持ち前の器用さと機転の良さで、指示されたことを淡々と着実にこなしていきます。
板金を外し貫材も外し終えると、フラットな屋根になりました。

最後に、ガルバリウム鋼板屋根のスターターとなる水切り材(ブラウン色)を上屋根から
下屋根まで回し付けて、本日の作業は終了です。
今日も一日、見習い君に怪我がなく無事に作業を終えることができ安堵しました。

次回は、この上からガルバリウム鋼板を横張りで張り始めます。

屋根リフォーム ガルバリウム重ね葺き工事②” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です