新年に向けて、作業場の大掃除をしました

年末に大掃除をするようになった訳って?

年末に大掃除をするようになった理由って何だろう?
一体いつごろからなのだろうか?
作業場の掃除をしながら、ふと思ったわけです。
そこで、ちょっと調べてみました。

大掃除のルーツは、煤払い(すすはらい)だといわれています。
昔は家の中に囲炉裏やかまどがあり、家の中が煤だらけになったので、煤を払うことが
掃除をすることの象徴でもあったようですね。
また、払うという言葉には、清めるという意味もあるのだそうです。

煤払いをする日には諸説ありますが、一般的には12月13日を指しているようです。
旧暦の12月13日は、婚礼以外は万事に大吉とされる鬼宿日(きしゅくにち)だった為
江戸時代に江戸城で煤払いが行われるようになり、それが一般に広がったといわれています。
なぜ、昔の人は吉日を選んで煤払いをしたのか? それは、煤払いというのは単なる
掃除ではなく、新年を司る年神様を迎えるための神聖な清めの行事だったからです。

そもそも、一連の正月行事というのは、新年を司る年神様をお迎えするために
成立したといわれています。
年神様は、農耕神であり祖霊神でもあると考えられているため、家々にやってきては
新年を生き抜く力や、福徳を授けてくださると考えられていたようです。
そこで、年神様を迎える前に家中を清めるという訳です。
私もお客様がお見えになる際には失礼の無きよう掃除をしますので、それと同じこと
かもしれませんね。

今年も残すところ3日となり、年内最後の仕事も無事に終えることができました。
今年もお客さまに恵まれ、また、新しい経験もさせていただき、実り多い一年を
過ごさせていただいたように思います。
年末年始は数日間お休みを頂戴し、気持ちも新たに、年明けから仕事を再開させて
いただこうと思っております。

お客さまはじめ、職人の皆さま、本年も大変お世話になりありがとうございました。
どうぞ、良いお年をお迎えください。

来年も、吉田工務所を何卒よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です